台湾式リフレクソロジー専門店ペルナとせんせ

猫舎 足もみサロン「ペルナとせんせ」 健康相談もお気軽に

ホームブログページ ≫ ローラーのポイント ≫

ローラーのポイント

RMR

昨日の記事からの
『ローラー記事』

何気なく掛けるのと
各反射区を意識しながら掛けるのとでは、響き方が大きく違う
これ、ローラーを使っている人なら、頷くポイントだと思いますd(^_^o)

最近気付いたことが、もう一つ
『ローラー本体をグリップする力』の大切さ(´⊙ω⊙`)

新潟の自宅では、特に下の階に響くことを気にせず使っていましたので
フローリングでも、ノーマット
東京のマンションは、下の階の方への振動が気になるので、防音マットを使用
最近、そのマットが劣化して、日中は下の階の人もいないだろうと安易な予想で、ノーマット(⌒-⌒; )
そしたら…圧の入りが違う‼️
抜ける!抜けるんです( ̄◇ ̄;)
逃げるのかもしれません( ̄▽ ̄;)
ローラーを使用するたびに生まれる『不完全燃焼感』
モヤモヤが、溜まって行くΣ(゚д゚lll)
これ、やらないより良いレベルより下かもしれなーい(T_T)
そこで登場するのが
『防音・滑り止めマット』
かなり大きめのもの(トランポリン用のものです)
そのマットの上にローラーを置いて
スイッチオーン!!
踏み込む足にダイレクトにローラーのコマが足裏に当たってくれる(´⊙ω⊙`)
全く逃げない!!
ローラーってこんなに響くんだ♡
…その位の感動がありました\(^-^)/

良いものでも、それをサポートする道具の良し悪しで、せっかくの『良さ』が伝わらないってことに気付かせてもらったような体験でした。

今後、お客様にご説明をする時・お客様に体験していただく時、滑り止めマットを使うことを忘れないようにしたいと思いました♡

また、ローラーのカバーも然りd( ̄  ̄)
薄くなったり、伸びたり、生地の表面が滑らかになった時は、替え時だと思います。
今のカバーと新しいカバー
ローラーを使った時の『当たり』が、明らかに違います!
これを考えると、『切れてから交換』は、論外(T-T)

お問い合わせ・ご相談はコチラ

2019年02月25日 07:30

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

若石足療ペルナとせんせ

〒201-0004
東京都狛江市岩戸北3-5-14
豊栄喜多見マンション403

狛江店概要はこちら


営業時間 9:00~18:30
定休日 水曜日

090-1797-2231


完全予約制

「メニュー」と「お客様の声」

モバイルサイト

若石足療 ペルナとせんせスマホサイトQRコード

「若石足療ペルナとせんせ」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!